風の祭

この曲の表示回数 3,309
歌手:

島津亜矢


作詞:

岩井薫


作曲:

梶原茂人


あの夏 空の花火は 草の香りを連れて
見上げる頬を染めてた ときめいた宵の時
こころ震わせてた 空に咲く大輪
笑顔弾ませ 鳴り響いた音色

風が吹いて来ては なつかしさと
勇気を包んで 運んでくる
怖いもの無かった 風の夜を
今も忘れずに 胸秘めて

後悔 夜毎に増えて 眠れぬ夜のしじま
孤独をかみしめながら くじけそうになっても
大事な思い出に 皆な守られてる
焦らなくても 自分らしい色で

風が吹いて来ては なつかしさと
勇気を包んで 運んでくる
瞳に焼き付けた 花火の音
今もきらめいて 胸の奥に

風が吹いて来ては なつかしさと
勇気を包んで 運んでくる
怖いもの無かった 風の祭
今も忘れずに 胸に秘めて
胸に秘めて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風の祭 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-17
商品番号:TECE-30708
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP