試聴する

花紀行

この曲の表示回数 1,369
歌手:

村上ゆき


作詞:

荒井由実


作曲:

荒井由実


見知らぬ町を ひとり歩いたら 風は空から 花びら散らす
過ぎゆく春の 投げる口づけは 髪に両手に はらはら停まる
この場所で嵐見送れば 時の流れに 埋ずもれてしまう
薄紅が なんて優しいの 拾い集める人もいないのに
見知らぬ町を ひとり歩いたら 風は空から 花びら散らす
髪に両手に はらはら停まる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花紀行 歌手:村上ゆき

村上ゆきの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-07-19
商品番号:PSCR-6174
プライエイド

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP