津軽じょんから節(浪曲入り)

この曲の表示回数 5,104

ハア津軽よいとこ一度はおいで
私が生れの弘前城は
桜満開日本で一よ

岩木お山に春風吹けば
乙女ごころの雪さえとけて
津軽娘コにたわむる蝶々
なにを騒ぐか 村雀
ハア夏のまつりはねぶたで明ける
上る花火に心も踊る
ハア ラッセ ラッセ ラッセラ
笛や太鼓にはやされて踊るはね人も
勇ましく津軽の夜空になり渡る

ゆらぐあかりに東が白らむ
まつりも終り取り入れも終って
訪れて来るものは寒い寒い津軽の冬だ
シベリヤおろしの北風に身も心も
凍えて仕舞うんだ
けいきよくもう一ツ
三味線たのむよー!!
ハア一度別れて二度逢うまでは
たとえこの身は千里の道も
客が変れど心は同じ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:津軽じょんから節(浪曲入り) 歌手:岸千恵子

岸千恵子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-07-19
商品番号:TOCT-6221
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP