試聴する

Tin Waltz

この曲の表示回数 4,326
歌手:

ZABADAK


作詞:

小峰公子


作曲:

吉良知彦


一番星見つけたら
誰かにそっと
声かけたくなりそうで
急いで帰るよあの家へ

窓灯すあかり ひとつまたひとつ
点いてまた暮れる 闇はまた闇へと

はるかな山のかたちは
夜ににじんで
今日できることはしたよと
私に教える赤い月

蜩のこえも 今はもう消えて
虫たちのこえが 闇をまた闇へと

太陽昇れば また新しい朝
今日がどんな日でも どんな生命にも

いつか雨は止むように
誰にも明日が来るように

今日に続く明日 山を越えた夜の
そのむこうがわに まだ眠っている
太陽昇れば また新しい朝
今日がどんな日でも 同じひとつの朝
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Tin Waltz 歌手:ZABADAK

ZABADAKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-01-25
商品番号:ZA-5
イーストウエスト・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP