この曲の表示回数 4,235
歌手:

Wienners


作詞:

玉屋2060%


作曲:

玉屋2060%


春霞 ぽつりぽつりと
咲く花に 呼ばれて
不思議な声がするのよ
幼い肌に 蝶々がとまり
優しい風が
喜びの種を運ぶの

季節は流れ流れて無情
徒然なるままの姿
夜をほどいて優しく深く艶やかに
詠う あなたは
まるで今宵の月のよう

ああ姫よ ああ姫よ
さよならの意味を 教えてくれないか
ああ姫よ ああ姫よ
その罪が晴れたら 別れはもうじきなのかい 姫よ

八月の穂張り月夜に
照らされた都は
喜怒や哀楽に溢れて
おいで おいで おいでよって手招き
ああ夜の風には 決して払えぬ過ち

ああ姫よ ああ姫よ
月にはいい人や 喜びはあるかい
ああ姫よ ああ姫よ
その罪が晴れても 悲しみはまだ癒えぬかい 姫よ

姫よ 姫よ
どこへ 行くの
姫よ 誰より 愛しい我が姫よ

ああ姫よ ああ姫よ
さよならの意味を 教えてくれないか
ああ姫よ ああ姫よ
その罪が晴れたら 別れはもうじきなのかい 姫よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:姫 歌手:Wienners

Wiennersの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-10-05
商品番号:NBDL-38
No Big Deal Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP