君、ただ一人

この曲の表示回数 4,389
歌手:

あおい輝彦


作詞:

阿部敏郎


作曲:

阿部敏郎


あゝ何も知らずに 生きて居られた時もある
何気ない日々を 幸せだと信じていた
突然君と出会った日から
この胸の時計が狂い出していた
あゝ君の為なら僕の全て投げていい
君が望むなら どんな罪も恐れない

今さら君に嘘などつけるはずもなし
君でいっぱいさ もう誰も入れない
嵐に打たれて 花が散っても
この愛だけは 変るはずもない
あゝ君だけさ僕のすべてかけるのは
この世の果てまでも かけて行きたい君となら

あゝもしも君が 僕のものになるのなら
花という花でまぶしく飾ってあげたい
もちろん変らない愛を誓うよ
きっと開かれる 新しいページ
あゝ僕だけさ 君を幸せにできるのは
他の誰にも 渡したくない君だけは
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君、ただ一人 歌手:あおい輝彦

あおい輝彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-04-06
商品番号:TECE-1104
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP