熊野路ひとり

この曲の表示回数 7,124
歌手:

シモンズ


作詞:

吉岡治


作曲:

櫻井順


旅に出てみて 思いだした
風に匂いが あることを
空が見えないほどの
杉の木立ちをぬけて
つり橋渡れば
みどり色した 熊野の雨は
僕の足から 降るのです
わけてあげたい あなたにも
忘れかけてた やさしさを

別にあしたの あてはないが
船で瀞峡(とろきょう) 上ろうか
ひとりひなびた宿で
妙に眠れぬままに
あれこれ思えば
みどり色した 熊野の雨が
僕の心に 降るのです
わけてあげたい あなたにも
忘れかけてた かなしみを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:熊野路ひとり 歌手:シモンズ

シモンズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-04-27
商品番号:MHCL-2597
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP