試聴する

残暑に枯れゆく

この曲の表示回数 1,972

純粋だった僕らは
汚れもしないままの青で
夏の匂いが合図みたいで
笑い合えていたんだっけ

正しく在れと教えて
くれたあなたのことを思い出す
揺られてたいと願ってしまうよ
残暑に咲いた、淡い花。

大切だったことでも僕らは忘れて
過ごしてしまうよね いつも
憧憬はもう酷く霞んだ

静かな 病室薄れながら 笑う
穏やかな 顔を美しいと 感じていた
萎れた、悲しい掌、掴んで
近付く 深い夢祈るように賛歌を

冷たくなる指、綺麗なままの身体、
夕に透けていく 肌ぼくはもう忘れない
夏が過ぎていく。
あなたが描いた花の絵、
愛しいなんて思っても
もう、届かない!

いつかはない、
いつかはない、
いつかはない、
いつかはない から。
祈っていたいよ まだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:残暑に枯れゆく 歌手:水槽のクジラ

水槽のクジラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-07-06
商品番号:LADR-5
Ladder Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP