この曲の表示回数 15,607
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


初めて見た世界は
丸くって
大きかった
ヨボヨボのおじいさんが言った
「意外と小さいでしょう」
記憶と夢の境の話

スパゲッティみたいな感覚が
鏡に乱反射して僕は困っているんだ

eye

求められる時と
求められない時と
2つしかないんだけど
どちらも苦しいからね
でもさ、続いてくし続いちゃうから
何かが待ってるとか待ってないとか関係なく
僕は生きていくんだろうな
不思議だよな人間って
なんでこんな賢いふりして馬鹿なんだろう
この世界も箱に入っててもっと賢い何かに遊ばれてるなんて
幼稚な想像も半分くらい当たってるんじゃないかな
まあなんでもいいんだ
自分の目で見たものを僕は信じて生きていく

逃げたくなったら逃げればいいし
言いたくなったら言えばいいし
意外とさ、自由なんだよみんな

eye
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:eye 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-06-08
商品番号:WPCL-12336
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP