試聴する

the band

この曲の表示回数 3,857
歌手:

GOING UNDER GROUND


作詞:

sou matsumoto


作曲:

sou matsumoto


思い出せないが感覚は残る
いつも見るだけで通り過ぎた場所
無いから盗んで欲しくて騙して
痛い目にあって組んだのがバンド

空腹を満たすのは
耳鳴りのギャランティー
歌うのに理由などいらないぜ

窓硝子さえも割れない奴らが
教室の隅で組んだようなバンド

嘘で誤魔化せば自分が縮んだ
それでも輝いていたい
それだけは本当

あの夏の代償が今見てる世界でも
立ち止まる理由にはならないぜ

あなたよりもあなたを
愛してあげる きっといつも
欲望も卑しさも
信じてあげるずっと
だから全部を俺にくれないか?
俺にくれないか?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:the band 歌手:GOING UNDER GROUND

GOING UNDER GROUNDの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-05-11
商品番号:XQLG-1020
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP