リバティ・僕は君を自由へ誘う

この曲の表示回数 2,597
歌手:

鈴木トオル


作詞:

只野菜摘


作曲:

渡辺信平


小雨の日曜日の午後
動物園は眠る廃虚
卵のサンドウィッチなら
フェンスごし 君とわけあえる
そんな狭い部屋を
越えてゆかないかい?
たたずむ君の ぬれたつま先
大地を蹴るために あるはずだから

私は街の子供だと
伏せ目がちにゼブラが言った
リバティ 自由を選べば
風が痛いけれど
できることなら そのまなざしに
まだ見ぬ風景をのせてあげたい
これから二人 見つけにゆこう
さえぎるとまどいを 僕は壊すよ

リバティ・扉のむこうに
光る草が見える
自由の意味を 捜しにゆこう
傾く地平線 走るとしても
迷うことなく ふりかえらずに
さえぎるとまどいを 遥かに越えて

微笑みかわす そのまなざしに
まだ見ぬ風景が広がる日まで
僕らはゆこう 道のむこうへ
流れる街並に 日が落ちてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:リバティ・僕は君を自由へ誘う 歌手:鈴木トオル

鈴木トオルの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-08-25
商品番号:PICL-1007
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP