バナナの小屋に時計を埋めた

この曲の表示回数 1,673
歌手:

鈴木トオル


作詞:

只野菜摘


作曲:

渡辺信平


神の踊りを見せてくれる
みんなやさしい人だね
君は頭に果実を乗せ
村の食事をすすめる
asante, asante
ココア色した胸に巻いた
エスニな柄の素朴さ
僕はお高い麻のスーツ
泥がついてもいいから
おしゃれが恥ずかしいね
昨日 バナナの小屋に時計を埋めた
もし 強い雨に流されたら
二度とは街に帰ることなく
一緒にいよう

仮面みたいな月とともに
君はしのんでくるのさ
うすい光の蚊帳の中で
風を送ってくれるよ
言葉を知らなくても
昨日 バナナの小屋に時計を埋めた
空は悲しいくらい晴れてるけど
僕の元に返さないで
迎えの船で戻りはしない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:バナナの小屋に時計を埋めた 歌手:鈴木トオル

鈴木トオルの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-08-25
商品番号:PICL-1007
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP