試聴する

砂場の太平洋

この曲の表示回数 5,259
歌手:

橘いずみ


作詞:

橘いずみ


作曲:

橘いずみ


雨上がりグラウンドに 大きな水たまり
この海が太平洋 砂場がアメリカで
夕陽見上げて バシャバシャと渡り
いつか虹の向こうへ 行けると信じた
薄暗い店の壁にもたれ 一晩中歌を聴いた
赤い髪を輪ゴムで縛り グラスの中で回る夢見てた

安物の指輪と はき古したジーンズ
バーボンを流し込み 焼ける胸叩いて
遠くへ行こう 口癖にしては
むちゃと憧れの違い わからずもがいた
ここからどこまで行けばいいの 教えてくれる人もなくて
変わることがとても怖くて 重い扉を開けられずにいたよ

風に吹かれて 真夜中のホームで
ひとりぼっちの東京 涙が止まらない

薄暗い部屋の壁にもたれ 一晩中歌を聴いた
街の灯り消えてゆく中 私を照らす光を探してる

薄暗い店の壁にもたれ 一晩中歌を聴いた
赤い髪を輪ゴムで縛り グラスの中で回る夢見てた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂場の太平洋 歌手:橘いずみ

橘いずみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994/06/22
商品番号:SRCL-2924
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP