ウェンズデイ

この曲の表示回数 27,413
歌手:

Galileo Galilei


作詞:

尾崎雄貴


作曲:

尾崎雄貴


どうでもいい葬式で
きみの姿をみたよ ずっと髪をいじくっていた
ウェンズディアダムスみたい
唇だけが鮮やか 白と黒と紺色の絹

目配せして 席を外した
葬儀屋の裏で僕らはつながる
いつも誰かの 不自然な死が
きみのしたの茂みに火をつける

また誰かの葬式で
きみに会えたらいいのにと 夜になると考えていた
いつのまにか僕は 鮮やかな君の色を
死ぬ程欲しがるようになっていた

ウェンズディきみは たぶん殺してる
そんなこと最初やったとき知ってた
僕は誰かの 不自然な死を
心から望んでしまうんだよ
目配せして 席を外した
葬儀屋の裏で激しくつながる
いつも誰かの 不自然な死が
きみのしたの茂みに火をつける
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ウェンズデイ 歌手:Galileo Galilei

Galileo Galileiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-01-27
商品番号:SECL-1837
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP