落葉のセレナーデ

この曲の表示回数 4,393
歌手:

平浩二


作詞:

實川翔


作曲:

風鳥仙楽


音もたてず 落葉が降る
秋の夕暮れ
想い出を 集めるように
女がひとり
夜よ来ないで こんな寒い日は
やっと忘れたことさえ
想い出すから
踊る枯れ葉 見つめながら
ため息 ひとつ

まぶた伏せて 歩きだせば
泪ひとすじ
木枯らしに 背中を押され
つまづきながら
愛しすぎれば 想い出が痛い
すぐに会いたくなるのは
仕方がないわ
少しづつ 忘れる事が
一番なのに

愛しすぎれば 想い出が痛い
すぐに会いたくなるのは
仕方がないわ
さよならの 数を数えて
季節が廻る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:落葉のセレナーデ 歌手:平浩二

平浩二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/11/10
商品番号:FBCX-1045
フリーボード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP