楽園まで

この曲の表示回数 22,847
歌手:

How-Low-Hello


作詞:

麻枝准


作曲:

麻枝准


まだまだこの旅はきついものになるなんて
きみに言うと後でまた叱られるんだ
そもそも生きることそれ自体が残酷で
そんなこと誰だって嫌ほど知ってると

きみにはいつか見せたいものがある
それだけはずっとこの胸に

もう二度とは触れることない何かを失いながら
遠く雲の向こうをただきみは見つめているだけ
きっと辿り着ける楽園を今も信じている

目覚めた後すぐに朝の冷たい空気を
思いきり吸い込んでむせたりもする
随分遠くまで来たものだと振り返り
少しだけ踏まれてきた道を思ってもみる

曖昧でも幸せだった記憶
それだけがあればいいと言う

もう二度とは叶えられない何かを探し求めながら
遠い割りにただ土に汚れてゆくふたりだけ
きっときみも笑える楽園を今は信じたい

明日も海が見られるように
少しだけ足を速めて
昨日を悔やみ直さぬように
少しだけ時を早めて

もう二度とは触れることない何かを失いながら
遠く雲の向こうをただきみは見つめているだけ
きっと辿り着ける楽園を今も信じている

きっと今まで笑った数多くのあたしのため
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:楽園まで 歌手:How-Low-Hello

How-Low-Helloの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP