試聴する

昨日の音色

この曲の表示回数 2,452
歌手:

ほたる日和


作詞:

早川厚史


作曲:

早川厚史


喋り声 白い息 空には星座
魔法みたいに散らばっていた
缶コーヒーと 恋ネタと 笑い話と
そんな季節も残りわずかで

春は近づいて 花は咲き始め 映る景色も変わっていく
声を掛け合って 通った並木道 今思い出が この胸に蘇る

めぐり逢えた仲間と 不揃いな音色奏でた
胸いっぱいに染み込み ずっと消えないから

何かひとつ 好きなこと 鞄に詰めて
急かされるように 大人に変わる
「青春の光と影」言葉の意味を
眠い頭で転がしてみた

拙い指先で 夢を描いてた 誰かの真似はしないように
冬の帰り道 語った願い事 遠い未来へと この声は届くかな

めぐり逢えた仲間と 不揃いな音色奏でた
風に乗って広がり ずっと鳴り続ける

めぐり逢えた仲間と 不揃いな音色奏でた
胸いっぱいに溢れて 「ずっと、忘れないよ」
めぐり逢えた僕らは離れ離れになっても
不器用なりに奏でた
音色、胸に刻んで 凸凹の道へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昨日の音色 歌手:ほたる日和

ほたる日和の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-02-17
商品番号:KNCA-10003
PCI MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP