ひとりぼっちの恋

この曲の表示回数 4,450
歌手:

林家三平


作詞:

中州朗


作曲:

中州朗


最初のデイトは 春でした
胸はそわそわ かげろうゆれて
好きとひとこと 言えなくて
歩き続けて 日がくれる
星のきれいな ああ夜でした

二度目のデイトは 夏でした
白い砂浜 渚がもえる
好きとひとこと 言ったとき
波にさらわれ 海の中
雲が呼んでる ああ午後でした

三度目の正直 秋の夜
口に言えない やさしい言葉
好きです 好きです 大好きと
書いて又消す ラブレター
落葉さびしい ああ夜がふける

最後のデイトは 冬でした
紫煙る 新雪踏んで
好きとひとこと 言ったのに
雪にまかれて 消えて行く
ひとりぼっちの ああ恋でした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとりぼっちの恋 歌手:林家三平

林家三平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992/09/23
商品番号:TOCT-6659
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP