KOTOKO

羽

作詞:KOTOKO
作曲:KOTOKO
発売日:2004/04/21
この曲の表示回数:22,279回

羽
夕焼けを映し出す鏡の湖に
そっと葉を浮かべ流れの行方を見ていた
悲しみも怒りも虚しさも忘れて
この大空にかざして眉をあげてみる

ほんの少し前になくした
あの温もりだけに残してた
あなたの影も壊したから

今 羽が頬を撫でるから
雲をはらうから
この胸に住みつく想い出を
空に投げるから

幼いことはなんて幸せだっただろう
優しい言葉 そのまま信じていられた

ぐっと堪えていた涙も
この淋しさに比べたら そんなもの
手の平に乗せ 吹き飛ばせた

今 羽が頬を撫でるから
空が落ちるから
この胸に住みつく想い出を
水に溶かすから

ほんの少し前になくした
あの温もりだけに残してた
あなたの影も壊したから

今 羽が頬を撫でるから
雲をはらうから
この胸に住みつく想い出を
空に投げるから

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×