青く、ただ青く

この曲の表示回数 4,681
歌手:

TAMAMIZU


作詞:

松岡充


作曲:

松岡充


時に 涙は ひび割れた ココロから
さらさら 落ちる
前を 歩く 誰かの背中は
いつの間にか 消えた

流れる 街を 風が
吹かれ何処まで この両足で 歩けるの

「僕らは何処までも自由に飛べる」と
あの夏の君の瞳には 何が映るのか
青く、ただ青く広がる未来は
いつか僕達を遠ざけていくけど

君と出逢ったように いつか
許しながら 痛みも 傷も癒えず 旅立ってくよ

はじめから”さよなら”を胸に抱きしめて
それでも 傷つけてく 君が好きだよ
青く、ただ青く広がる哀しみは
いつも僕達の背中押して

「僕らは何処までも自由に飛べる」と
あの夏の君の瞳には 何が見えたのか
青く、ただ青く広がる未来は
いつか僕達を遠ざけていくけど

ここで逢えると…

時に 涙は ひび割れた 青から…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青く、ただ青く 歌手:TAMAMIZU

TAMAMIZUの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-03-03
商品番号:BVCR-19924
BMG JAPAN

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP