試聴する

好色一代女

この曲の表示回数 20,359
歌手:

内田あかり


作詞:

吉岡治


作曲:

三木たかし


水風呂に熱い身体(からだ)を沈めても
火の蛍 殺しきれずに闇に飛ぶ
荒くれの腕の中 さらされて
二度も三度も二度も三度も 恋慕う
あゝ恋する女は罪ですか
あなた あゝめらめらと
それぞれの利き腕で
夢を見るのも 女…
あたし夫がいます
でも愛さずにいられない

耳をあて聴いて下さい 血の音を
好きだから 二人どちらも好きだから
姫鏡覗(のぞ)き込み 紅をひく
二度も三度も二度も三度も 爪を剪(き)る
あゝ切なさつらさは罪ですか
眠れ あゝぐらぐらと
触れ合えばひとすじに
けものごころの 女…
いつも刃(やいば)を渡る
でも愛さずにいられない

あゝ溺(おぼ)れる女は罪ですか
あなた あゝゆらゆらと
それぞれの利き腕で
夢を見るのも 女…
あたし夫がいます
でも愛さずにいられない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:好色一代女 歌手:内田あかり

内田あかりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-08-22
商品番号:COCP-37535
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP