空の続き 風の予感

この曲の表示回数 4,288
歌手:

南條愛乃


作詞:

rino


作曲:

yozuca*


いつか見てた空の続き
思い出せない どうしてだろう

笑い声に包まれてる
だけど何かが足りないんだ

あぁ続く日々と
あぁ滲む笑顔

ふいに軋む記憶の中で
確かに感じた温もり
こぼれそうな涙 どうして
動けないまま 見上げた空

並木道で風の予感
初めてなのに 懐かしくて

胸の奥がざわめいてる
だけどなぜだろう あったかいんだ

ねぇもうすぐ会える?
そぅ口にしてみた

時の欠片 胸に抱きしめ
光に変えてゆきたい
君に 君に触れられたなら
明日は今日より輝くかな

時の欠片 胸に抱きしめ
光に変えてゆくから
こぼれ落ちた涙 君へと
眩しい予感 くり返すように...
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空の続き 風の予感 歌手:南條愛乃

南條愛乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-13
商品番号:LACA-9402
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP