平坦な戦場

この曲の表示回数 2,605
歌手:

松崎ナオ


作詞:

松崎ナオ


作曲:

松崎ナオ


闇夜にTVの光り 世界が回る
蒼白く姿染めてく 鏡の自分

とめどもなく 続く道が ボクにだってあると信じたころ
赤い爪 まさぐる手を ふりほどくこと許されない
ボクはまだ 人を愛する ことを知らないのかもしれない
壊れていけ つないでゆく退屈な 毎日を

この目に見えない感情が 電波のようにとび交って
この目に見えない複雑が ボクらをどんどん無にしてく

越えられないハードル消して モラルで縛り
うつむき歩く大人 見てる子供

相変わらず 日々変わらず 退屈だし 覚えてないけど
痛くたって 明日は来る 変わらない 何も変わらない

この目に見えない感情が 電波のようにとび交って
この目に映った明りさえ ボクらは気づかぬふりをする

過ぎていったあなたの顔 少しだけ思いだす
抱きあって眠った日々を 愛しくも思います

この目に見えない感情が 電波のようにとび交って
この目に見えない複雑が ボクらをどんどん無にしてく

この目に見えない感情が ボクらをどんどん無にしてく
この目に映った明かりさえ ボクらは気づかぬふりをする

何かをすればいいのですか?
みんなについてゆければいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:平坦な戦場 歌手:松崎ナオ

松崎ナオの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-04-22
商品番号:ESCB-1876
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP