試聴する

紅い陽炎

この曲の表示回数 53,272
歌手:

B'z


作詞:

稲葉浩志


作曲:

松本孝弘


渇きかけた心に 小さなひびひとつ
互いのそれを触れ合った 夏の日

消えゆく季節に ふたり逆らうように
炎を産んで

抱き締めるほど君は 消えてしまいそうで
戸惑いの中 熱く 乱れ羽ばたいた

君の昔、僕のいま、これから…
何を囁く
知ることの痛みもいくつか知ったよ

夜を越えるたびに ふたりただの男と女

何もかも許し合えば また迷いはじめる
言葉とぎれても 今 そばにいよう

瞳を見たい 黒い髪に口づけたい
隠しきれない想いが とめどなくあふれる

このままか これ以上か 愛の形 何が欲しい

傷つくのはかまわない… いつまでも傷つけない
強く魅かれてゆくほどに 眠れぬ日は続く

肌に触れたい 君の気配を感じたい
雑踏の中に立ち その名を叫びたい

胸を焦がし続ける 情熱の淵で
力尽きるまで 踊れ 紅い陽炎
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紅い陽炎 歌手:B'z

B'zの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-10-28
商品番号:BMCR-104
BMGルームス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP