不知火恋歌

この曲の表示回数 9,373
歌手:

真咲よう子


作詞:

仁井俊也


作曲:

君塚昭次


恋に死ねたら この八代海(うみ)の
夫婦(めおと)蛍に ふたりはなれる
そんな悲しい 伝説を
私に教えて くれたひと
逢いたかねぇ あん男(ひと)に
涙でるほど 逢いたかねぇ
沖で燃える 不知火(しらぬい)は
生命(いのち)焦(こ)がす おんなの情炎(ほのお)です

波にゆらめく うたせ船
宿で眺めて 抱かれた私
肥後の女の 深情け
千尋(ちひろ)の海底(うみ)より まだ深い
好(す)いちょるばい あん男
眠れないほど 好いちょるばい
闇を走る 不知火は
愛に縋(すが)る おんなの恋涙(なみだ)です

逢いたかねぇ あん男に
涙でるほど 逢いたかねぇ
沖で燃える 不知火は
生命焦がす おんなの情炎です
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:不知火恋歌 歌手:真咲よう子

真咲よう子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-13
商品番号:CRCN-1872
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP