おみくじ

この曲の表示回数 3,849
歌手:

高橋由美子


作詞:

山田菜都


作曲:

山田菜都


夏の風が 夕暮れを駈けたら
枝じゅうに咲くおみくじの花揺れた
十六番 蝶々舞う浴衣の
胸に伏せた 読むのが恐くて

あの日ふたり 境内の鈴を
両手でガランガランと鳴らし お祈りした
幼い日の 無邪気な願いごと
叶うはずなんてないのに

君をずっとずっとずっと大好きでいるよ
初恋は そう宝物だから
誇らしげにあの子の手を握って 愛を誓った君は
先に大人になった

夏祭りは あさっての土曜
気軽に誘うなんてもう出来ないけど
もし偶然会えたら声かけて すこし話してもいいよね?

君をずっとずっとずっと大好きでいるよ
君を見つめたキモチ 失さない
愛してる 言えない でも もっと大好きになるよ
一生 君だけが私の太陽

茜色の空にとけてくくらい いちばん高い枝に
ぎゅっと結んで もう帰ろう
長い影法師 追って.....
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おみくじ 歌手:高橋由美子

高橋由美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996/08/07
商品番号:VICL-797
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP