三日月で満たせば

この曲の表示回数 1,726
歌手:

柳葉敏郎


作詞:

大塚ガリバー


作曲:

田中一郎


甘えたい それが女のものなら
男なら 椅子を捜す
疲れたみたい 本音を吐けば
生きてるせいじゃなくて
遠く離れてみたってすぐに逢いたくなるから
君を見守れる 場所で

三日月に腰掛けながら

満月になる ほんの少しまで
あの日の夢で 眠れ

涙はいつも 女を誘い
男は奪い合った
手におえないネ 今の君では
やんちゃな僕の世界

涙選ぶ雨の日は君が見えなくなるけど
心あずけてあるから

三日月に腰掛けたまま

満月になる ほんの少しまで
忘れる夢で眠れ

いつか君の手の中で 夢を語れる日が来る
僕が椅子を どけるまで

三日月に腰掛けたまま

満月になる ほんの少しまで
途切れた夢で眠れ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:三日月で満たせば 歌手:柳葉敏郎

柳葉敏郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-06-26
商品番号:TOCT-9480
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP