聖母

この曲の表示回数 4,679
歌手:

柳葉敏郎


作詞:

大塚ガリバー


作曲:

大塚ガリバー


鉛色した 異国の空で
愛をほおばり咬み砕いてた
腕を枕に眠(ね)たふりしてりゃ
荒海(みず)に沈んだ聖母(おんな)が観(み)てた

とがったナイフ十字架に刺し
過去の懺悔が唯一のみやげ

ここに来て Ah……Ha……Ha…… 夜が長いから

捨て猫を抱いていた WOW・WOW・WOW……
捨て猫と眠ってた WOW・WOW・WOW……

化粧をはがし悪びれたまま
二つの顔を入れ変えていた

十字架だけじゃ満たされぬ腹
過去の懺悔をむさぼりついた

ここに来て Ah……Ha……Ha…… 朝が遠いから

捨て猫を抱いていた WOW・WOW・WOW……
捨て猫と眠ってた WOW・WOW・WOW……

愛されたくて たらふく愛し
過去の懺悔と 今あの海へ

君の吐息が Ah……Ha……Ha…… 時を刻みだす

捨て猫を抱いていた WOW・WOW・WOW……
捨て猫と眠ってた WOW・WOW・WOW……
捨て猫を抱いていた WOW・WOW・WOW……
捨て猫と眠ってた WOW・WOW・WOW……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:聖母 歌手:柳葉敏郎

柳葉敏郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-01-25
商品番号:AMCM-4184
イーストウエスト・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP