空は晴れたり

この曲の表示回数 1,612
歌手:

柳葉敏郎


作詞:

柳葉敏郎


作曲:

中村裕介


空は朝やけに染まって
低い雲から光の線
差し込んでいるとまるで遠い日描(か)いた
初めての絵の様に

ひといき ついたら あの光までもが迂曲(うね)り始め
ひといき つく頃 あの想い出さえ鮮やかに

空は夕やけを散りばめ
続く雲から光の線
曲線連(つ)らねてまるで遠い日描(えが)く
初めての落書きさ

ひといき ついたら あの雲の群れまで移り始め
ひといき つく頃 あの想い出さえも暮れて行く

ひといき ついたら あの空の晴れ間も暗み始め
ひといき つく頃 あの想い出さえも眠りにつく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空は晴れたり 歌手:柳葉敏郎

柳葉敏郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-01-25
商品番号:TKCA-30252
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP