試聴する

Swan Song's Story

この曲の表示回数 2,811
歌手:

(((さらうんど)))


作詞:

鴨田潤


作曲:

荒内佑


いま、唇からもれた聞こえないほどの呪文
驚いたのは誰よりもそれを唱えたきみだろう

途ぎれるわかれの水際に魔法終わらせたくなくて
「わすれて」とあわてるきみを思わず抱きしめたのは

やさしさのなか愛しさがまざってぼくを泳がせた
帰りたくないふたり想いを込めて夏の星座へ

つなぐ手に通わせたこころの奥底は
せつなさを羽ばたかせことばをつのらせてる

さあ飛びたて白鳥よ夜空へ

ふれた手の約束をこころの奥底に
せつなさを散りばめた夜空を見つめてる

いつか飛びたつ白鳥のきみへ

忘れないさ
唱えた魔法が物語をうつしはじめたから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Swan Song's Story 歌手:(((さらうんど)))

(((さらうんど)))の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013/07/17
商品番号:DDCK-1031
カクバリズム

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP