特別な朝

cinema staff

特別な朝

作詞:三島想平
作曲:cinema staff
編曲:cinema staff
発売日:2015/04/22
この曲の表示回数:23,935回

特別な朝
あなたはハイウェイと夜を愛していた。
私は特別な朝を1人で待っている。

揺れ続ける雨戸、冷めたシチューの鍋。
喜劇はともすれば悲劇に変わると分かっていた。

闇の隙間から次の季節が覗いて、
手を伸ばせばもう、光はすぐ側にきていたのに。

息が白くなっても、退屈に過ごしても、あなたが居なくなっても。
世界は大して変わらない。

滲んだ未来が次の季節を隠した。
道理で坂道が長いなって思っていたんだ。

あなたはハイウェイと夜を愛していた。
私は特別な朝を1人で待っている。

闇の隙間から次の季節が覗いて、
手を伸ばせばもう、光はすぐ側にあった。
あなたが居なくても大して世界は変わらない。

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:13:00

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Set Sail
  3. 買物ブギー
  4. うれしいひなまつり
  5. オレンジ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×