GOLD LYLIC 

この曲の表示回数 122,962
歌手:

SHISHAMO


作詞:

宮崎朝子


作曲:

宮崎朝子


君が二人の部屋からいなくなった
理由はわかってる あの子のところへいったのね
花屋で働くあの子はふわふわしてて
まるで花のようで今にもどこかへ行っちゃいそう

いつでもそばにいるような女より
いつかどこかへ行っちゃうようなそんな女がいいのでしょう
花のような女がいいのでしょう

君が二人の部屋からいなくなった
理由はわかってる あの子のところへいったのね
君がいなくなったこの部屋の冷蔵庫
あまりものを片づける気力もない

いつでもそばにいるような男だと思ってた
いつかどこかへ行っちゃうなんてそんなのあんまりだわ

あの子がいなくなって 花も全部枯れちゃって
君の恋も全部枯れてしまったの
だからと言って君が私の元へ帰って来るかといえばそうでもないなあ…

君が私をほっぽいて追いかけた
花屋のあの子はどこへ行ったの?

いつでもそばにいるような女より
いつかどこかへ行っちゃうようなそんな女がいいのでしょう
君が追いかけたあの子はきっと花咲く季節終えて
もうきっと君の元には帰らないよ
だからねえどうか私の元へ帰ってきて
もうどこにも行かないと約束して
花のように枯れたりしないから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花 歌手:SHISHAMO

SHISHAMOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-03-04
商品番号:XQFQ-1402
GOOD CREATORS RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP