悲しみはRose Teaにとけて

この曲の表示回数 3,210
歌手:

小坂明子


作詞:

小坂明子


作曲:

小坂明子


こたえる人のいない ミッドナイト・コール
むなしくなり続く 受話器をおく
それはきっと 昨日のけんかのせいね?
それとも心変わり?

どんなにはなれていても 淋しくない
それが強がりに 変わる時
信じていた 心の糸がふるえる
胸さわぎ 胸さわぎ

こんな夜は お気に入りのTea cupに
ばらの花びら 浮かばせてみる
悲しみは Rose Teaにとけて
やがて しずんでゆく

終ってしまえば うそのように笑えるけれど
昨日はやぶりすてたい 1ページ
責めたりしない いいえ 責められないわ
遠すぎて 遠すぎて

見つめられれば 悲劇のヒロイン
返す言葉も 見つけられない
悲しみを Rose Teaにこめて
心をなぐさめるの

悲しみは Rose Teaにとけて
やがて しずんでゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:悲しみはRose Teaにとけて 歌手:小坂明子

小坂明子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/04/21
商品番号:APCA-1082
バンダイ・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP