離愁

村下孝蔵

離愁

作詞:村下孝蔵
作曲:村下孝蔵
発売日:2006/05/24
この曲の表示回数:12,044回

離愁
朝が来るまで二人は黙って時を見ていた
低いラジオの音だけ 遠くで犬が鳴いてた
蒼い空 哀しそうに 始発電車をむかえる
友と別れるように
手を振り笑いあえたなら
愛は愛で残してゆく
夢は夢で残されてる

だけど一人になれば 涙の中で
君の姿を 追いかけるだろう
はりさけそうな 想いこらえて
冬の世界に 僕は旅立つ

ため息で髪をとかし 言葉なく暮らすよりも
君は強い人だから 別れることを望んだ
ひとつの傘で二人は 寄り添って歩いてきた
かばいきれずに互いの肩を
濡らしていたんだね
抱きあう程 君は君で
僕は僕と教えられた

だからこわれてしまえ 想い出なんて
ひびわれた絵は 元に戻らぬ
忘れてしまえ 僕のことなど
季節の風に吹かれるように
一人になれば 涙の中で
君の姿を追いかけるだろう
はりさけそうな 想いこらえて
冬の世界に 僕は旅立つ……

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません