試聴する

夏のペーパーバック

この曲の表示回数 13,454
歌手:

大滝詠一


作詞:

松本隆


作曲:

大瀧詠一


渚に吹く風が涼しすぎるね
プールサイドへと陽が傾向く

波を見てくるわって ビーチに消えた
君を探しに行く気もない

白い寝椅子の上に
薄いpaper back
ページの端を折って
投げ出したままさ

最後のシーンまで想像つくよ
避暑地で逢えた君が
ヒロインなら……

君が夢見るほど素敵じゃないさ
ただの脇役だよ ぼくなんてね

手のひらに氷のかけらをのせて
溶けてゆくのを じっと見てた

ここで出逢った事を
悔やみかけた
風がページを飛ばす
物語の中

最後のシーンまで想像つくよ
真夏のペンが綴る
ロマンスなら……

ありふれた終わり方なら
ぼくなりに書き換えたいね

渚に吹く風が涼しすぎるね
プールサイドは人気もない

波を見てくるわって ビーチに消えた
君を探しに独り
歩き出すよ

夕映えに影をひいて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏のペーパーバック 歌手:大滝詠一

大滝詠一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-03-21
商品番号:CSCL-1664
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP