試聴する

オリーブの午后

この曲の表示回数 12,862
歌手:

大滝詠一


作詞:

松本隆


作曲:

大瀧詠一


青い葡萄を口に投げ入れたら
海に浮かぶ岬まで走ろう
これで二人きり
うるさい奴等をまいて

君は葉陰で水着に着換えるし
灼けた肌を太陽が見てるよ
夏の妖精が
ビーチへ駆けおりてゆく
いい景色だね

泳ぎ疲れたら
海の見渡せる丘で
ちょっと うたたね

オリーブの樹にもたれたら
空を見ながら うとうとと…

何もいらないよ
君が横にいればいい
丘の斜面には ライムの花とクローバー
時を抱き寄せて
海はコバルトに光り
君を照らした

何もいらないよ
君が横にいればいい
丘の斜面には ライムの花とクローバー
雲の帆船が空をゆっくりと滑る
君の寝顔にみとれてもいいだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:オリーブの午后 歌手:大滝詠一

大滝詠一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-03-21
商品番号:CSCL-1662
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP