純白の未来

この曲の表示回数 5,120

雲居から差し込む
遠い月灯りが僕の顔を照らしても
心の中までは見えなくて良かった
静かな夜に

幼い君と僕が一緒に過ごした季節(とき)
この目に映された未来に
僕はもういなくて…それでも

最後まで君のこと
守っていけるのなら誇らしいと
本当に思っていた
何よりも透明で綺麗な
君の涙を思い出す
永遠に変わらない君への声なき想い
呑み込んで

止まない雨の中
濡れる僕の前に佇む姿

幼い頃と違う
大人になった君に
初めて願われた未来で
僕も君と生きていたから

閉ざされた運命を
この手で切り開いていきたいんだ
誓うように微笑みあう
誰よりも美しく気高く
強い心を抱き締めて
永遠に終わらない君への溢れる想い
この胸に

僕が見た未来なんて言わなければ…
そんな後悔は
とうに消えてなくなった

いつまでも君だけを
愛していきたいと言えるだけでも
本当に幸せだと
純白の未来へと手を引く
君の全てを抱き寄せて
永遠に変わらない
あの日の声なき想い
伝えるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:純白の未来 歌手:二条朔也(斎賀みつき)

二条朔也(斎賀みつき)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-12-03
商品番号:KDSD-00733
ティームエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP