黄昏

この曲の表示回数 6,335
歌手:

安部恭弘


作詞:

安部恭弘


作曲:

安部恭弘


黄昏(たそがれ)た都会(まち)に 灯がともり
君をやさしくつつむ
ほんの少し肩をかしてねと
涙が滲(にじ)んでいた

枯れ葉の街 色を染めてく頃
通り過ぎた日々 僕らを見ていた

君は君の 僕は僕の道を
いつからか二人 歩き始めてた

木枯しが心 吹きぬけて
言葉を無くした夜
本当の意味も知らないまま
別れを告げていたね
何かが震(ふる)えていた

サヨナラだね 君は瞳(め)をそらして
自分の夢だけ 追えばいいでしょう

言葉にできないさみしさが
心をしばりつける
これ以上 哀しくさせないで
今でも……

想い出の都会(まち)が輝いて
二人をせつなくする
さみしい季節の始まりねと
涙をかくして君
微笑(ほほえみ) 残していった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黄昏 歌手:安部恭弘

安部恭弘の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-08-26
商品番号:TOCT-6656
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP