望郷の詩

この曲の表示回数 20,583
歌手:

五木ひろし


作詞:

阿久悠


作曲:

五木ひろし


海鳥よ ここに来て こんやは眠れ
子守唄きかせる 波もやさしい
水平線に陽は昇る
そしたら旅立つこともいい
いつの日かつばさを休めにおいで
あぁ 望郷の島 三宅よいつまでも

咲く椿 潮風に ふるえて歌え
乙女らがやがては髪に飾るよ
船から見えるあで姿
ひとめで恋することもいい
島の唄二人で歌ってごらん
あぁ 望郷の島 三宅よいつまでも

とび魚よ 波の上 光って急げ
それぞれの心の便り運べよ
都会の隅で 生きながら
おもいでたっぷり抱きしめて
逢いたさや恋しさ 託してごらん
あぁ 望郷の島 三宅よいつまでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:望郷の詩 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-05-31
商品番号:FKDX-4
ファイブズエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP