さいはての陽子

この曲の表示回数 10,597

記憶たどれば 津軽のはずれ そっと抱き寄せ あおいだ小雪り
きみの面影 地図にして 着いた港の 薄あかり
北の果てにも 朝陽は昇る ひとつ ひと夜の ひぐれうた
心燃やすよ… さいはての陽子

岩木山には 木枯らしばかり 誰も無口な 旅人ばかり
月に三度が 二度になり いつか途絶えた 恋便り
北の果てにも 朝陽は昇る ふたつ ふるさと 吹く
風に 呼んでみるのさ… さいはての陽子

渡り疲れた 海鳥たちも 羽根を休める 竜飛の岬 帰りついたら
この胸で 涙やむまで 泣けばいい
北の果てにも 朝陽は昇る みっつ 港の みぞれ雪
今も消えない… さいはての陽子
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さいはての陽子 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

  • 天地人 / ♪命もらった母から母へ
  • hug / ♪手のひらを青空に伸ばして
  • 恋初めし / ♪ひとはひとを好きになり
  • 確信 / ♪掌からサラサラと
  • 龍翔鳳舞 / ♪龍がうねって鳳が舞う

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-05-21
商品番号:COCP-32206
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP