Lost Piece

この曲の表示回数 3,308

そう…探してたんだ、それが何かも知らないで
ずっと遠くで声だけ…響いて

そう、それを偶然と呼べるほど強い自分じゃ
無い事は知っているけれども…君を見つけた

いつだって何処か不完全だった
未来に必要なのは、きっと欠けていた欠片(ピース)

君の声ばかりが確かに聴こえてくるんだ
孤独でいる事を当たり前と思ってた心に
出逢うまでは半信半疑でいたよ、だけど今は違う
やっと俺は (君を) 知った…

そう…判ってきたんだ、少しずつでもはっきりと
欲しかった未来の形が

そう、歩いてきたって居場所を見つけられないで
吹く風は何処だって変わらないままだったのに

こうやって、まるで他人(ひと)を見るように
自分を見ているだけじゃ望みだって判らない

一生このままで構わないなんてことさえ思わず
孤独でいる事を当たり前と思ってた心に
初めて未来の風景を見せてくれた人
やっと俺は (君を) 知った…

君の声ばかりがいまでも聴こえてくるんだ
孤独でいる事を当たり前と思ってた心に
音と光がかさなるとき欠けていた欠片(ピース)が
やっと俺は (君と) 知った…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Lost Piece 歌手:沖倉駆(逢坂良太)

沖倉駆(逢坂良太)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-10-29
商品番号:LACA-15465
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP