青春狂騒曲

この曲の表示回数 37,061
歌手:

cali≠gari


作詞:

桜井青


作曲:

桜井青


黎明の朝焼けに鳴り響くは梵鐘の陰言。
シャッターに吹き付けた、
小さな犯行声明文も笑う。

僕の前に続く道に、明かりが灯る。

薄明の夕焼けに鳴り響くは梵鐘の戯言。
シーソーに座り込み、
独りで揺れるブランコを見ていた。

僕の前に続く道は、
明かりに灯されてはいるけれど、
僕の歩きたい道じゃあない。
僕はまだ---。

流れ行く四季の空。咲き乱れるは夢の花。
僕が意るあの場所は、
夜明けが近い荒野の果てに。

僕の前に続く道がある。人波に泥めば楽だろう。
だけど僕はすべてを擲(なげう)とう。
綻ぶ目に光が今射し込む!

僕の前に続く道はない。僕の後ろに道は続く。
これは道無き道の旅。終わり無き眩しい青春の旅。

吹き踊る四季の風。遠く見えるは夢の町。
僕が意るあの場所は、朝日が昇る尚遠く。

青春を歩く狂騒の日々はいつまでか---?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春狂騒曲 歌手:cali≠gari

cali≠gariの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-03-05
商品番号:VICL-61079
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP