鞍馬の火祭り

この曲の表示回数 10,800
歌手:

鏡五郎


作詞:

鈴木信子


作曲:

四方章人


夜空に火を吐く 大松明(だいたいまつ)を
背負えば男が 弾(はじ)けて燃える
俺の故郷(ふるさと) 鞍馬の火祭り
「祭礼(さいれい)や最良(さいりょう)」
「祭礼(さいれい)や最良(さいりょう)」
掛け声篝火 舞い散る火の粉

おやじが担(かつ)いだ 甲斐性松(かいしょうまつ)を
今夜はこの俺 度胸で担ぐ
裸一貫 鞍馬の火祭り
「祭礼や最良」「祭礼や最良」
命火燃やして 男を焦がす

男は千両 金(きん)張り神輿
あの娘は手松(てまつ)で 足元照らす
夢をゆさぶれ 鞍馬の火祭り
「祭礼や最良」「祭礼や最良」
根性ひとつで 祭りを飾る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鞍馬の火祭り 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-07
商品番号:KICX-3307
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP