この曲の表示回数 7,197
歌手:

堀内孝雄


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

堀内孝雄


酒が染みれば ちぎれるように
涙の奥で 聴こえる汽笛
そばにお前が いたならきっと
つまづく人生(ゆめ)を 温(ぬ)くめてくれる
どこかではぐれた 面影だけが
たったひとつの 灯(ともしび)だけど
何処(いずこ)の町で 何処(いずこ)で誰と
今では帰らぬ 面影抱いて

揺らす煙草が 浮雲ならば
思い出連れて 辿れる線路
いつかお前に 話した故郷
貧しいけれど 暮せたものを
どこかで忘れた 横顔だけが
たったひとつの 灯(ともしび)だけど
知らない町で 知らない誰と
今では帰らぬ 横顔抱いて

どこかではぐれた 面影だけが
たったひとつの 灯(ともしび)だけど
何処(いずこ)の町で 何処(いずこ)で誰と
今では帰らぬ 面影抱いて
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:灯 歌手:堀内孝雄

堀内孝雄の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-10-30
商品番号:EPDE-1105
ZETIMA

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP