妻恋道中

この曲の表示回数 4,322
歌手:

水城一狼


作詞:

藤田まさと


作曲:

阿部武雄


好いた女房に 三下り半を
投げて長どす 永の旅
怨むまいぞえ 俺らのことは
またの浮世で 逢うまでは

「お菊……堪忍してくれ、嫌で別れた仲じゃねぇ……
これも渡世の義理故だ。泣けるおめえーの辛さより、
泣けぬ俺らの胸の内割って見せてやりてえ……」

惚れていながら 惚れないそぶり
それがやくざの 恋とやら
二度と添うまい 街道がらす
阿呆阿呆で 旅ぐらし

「泣くもんけえ、たとえ妻恋鳥が鳴こうとも」

泣いてなるかと 心に誓や
誓う矢先に またほろり
馬鹿を承知の 俺等の胸を
何故に泣かすか 今朝の風
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:妻恋道中 歌手:水城一狼

水城一狼の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-21
商品番号:KICX-3544
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP