花のよろこび

この曲の表示回数 3,395
歌手:

三船浩


作詞:

木下龍太郎


作曲:

山口俊郎


花はひとりで 散るものを
風のしわざと 人は言う
恋の終わりに 泣くよりも
燃えてひとすじ 散ってゆく
ああ 花のよろこび だれも知らない

花が見たのは 春の日の
夢かそれとも かげろうか
短いけれど しあわせな
想(おも)い出だけを 抱いて散る
ああ 花のよろこび だれも知らない

花の涙を 知らないで
露のなごりと 人は言う
まして汚れず 散ることの
うれし涙で あることを
ああ 花のよろこび だれも知らない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花のよろこび 歌手:三船浩

三船浩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-21
商品番号:KICX-3564
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP