試聴する

夜の通行人に捧ぐ Hommage au passant d'un soir

この曲の表示回数 6,318
歌手:

加藤登紀子


作詞:

Yves Duteil・訳詞:加藤登紀子


作曲:

Yves Duteil


あの夜が僕の すべてのはじまり
そんなことなど 気づくはずもない
ただ淋しくて ギターを弾いていた
小さな部屋の窓辺で

見知らぬ誰かが 窓のそばでそっと
ぼくのうたに 足をとめた
言葉もかけず 姿も見えない
ただぼくのうたを 聞いていた

何が僕のこれからの人生
そんなことなど わかるはずもない
ただ恋しくて ギターを弾いていた
にぎわう街の広場で

ほほえみうかべて すわりこんで
僕のうたを聞いていた君の
澄んだひとみのやさしい光に
僕は恋をしていた

何が君のこれまでの人生
そんなことなど わかるはずもない
何も知らない 僕はただ君の
面影を探したずねた

やっとみつけた 君の家の前で
何も出来ず佇んだ僕は
庭のむこうの学校の窓から
聞こえるうたを聞いていた
ラララ

庭のむこうの窓からは今も
同じうたが聞こえて来るよ
君がどこかで聞いていると信じて
今僕はうたいつづける

何が僕の本当の人生
何が君のしあわせな人生
わからないままで季節は過ぎていき
今僕は君のためにうたう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜の通行人に捧ぐ Hommage au passant d'un soir 歌手:加藤登紀子

加藤登紀子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-05-09
商品番号:UICZ-4169
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP