幻の月

この曲の表示回数 19,825

あかいくだものを
がりりと噛みました
濡れたくちびるが
ぬらぬらと光ります
柔らかい布で 体を拭きました
こぼれる雫は
誰の涙でしょうか

幻の月の影を
ぼんやりと眺めています
あらがえぬこの想いに
心はくすぶります

雨が降るまえの
匂いを嗅ぎました
気付かれぬ花が
ひとりで咲いています

咽喉に流れる 水のつめたさ

なだらかな坂の上を
カラカラと歩いています
乾かない髪のままで
何かを冷ますように

幻の月の影が
どこまでもついてきます
鎮まらぬこの想いに
心もあかくなるのです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:幻の月 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP