終わりで始まり

この曲の表示回数 61,580
歌手:

amazarashi


作詞:

秋田ひろむ


作曲:

秋田ひろむ


いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空
なぜだか あの頃とは違って見えたんだ そうだな
ぼくも 少しはまともになれたかな いや そうでもないか
今も変わらず 上手く笑えない毎日です
あの頃の仲間も 無茶はしなくなった そりゃそうだ あいつも
立派な父親だもんな
部屋の中で死にそうな 顔をしていた僕も
今じゃこんな歌も歌えるようになった

友達のおかげで立ってるんだ 家族のおかげで歩けるんだ
あなたのおかげで生きてるんだ
「ありがとう」なんて言いたかねぇや でもさ

いつか僕らが離れ離れになる その時だって笑っていたい
塞ぎ込んだ過去も正しかったと 言い張るために笑っていたい
それだけでいつかの 叶わなかった夢も
ただの過ぎた景色になるんだ
結局空っぽのままのこの手を 僕らは大きく振りあって
答えさえ見つけられなかった目に 涙を溜めてさよならして
悲しむな これがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

この世界はそれほど 綺麗なもんじゃないけどさ
そんなに急いで出て行く 事は無いじゃないか
僕等の期待を 世界はよく裏切るけれど 期待していなかった喜びに
時々出会えるんだ

裏切られた事に胸をはるんだ 信じようとした証拠なんだ
疑った分だけ損したんだ
「傷ついた」なんて言いたかねぇや だから

この先何があったって僕らは 振り向かずに走って生きたい
つまずいた昨日も助走だったと 言い張るため走って生きたい
それだけで 僕らの笑えない思い出も ただの笑い話になるんだ
あの時ついに崩れ落ちた膝で 暗闇の中 駆け抜けて
あの時砂を握った掌で 確かな物を掴みたくて
分かるだろう これがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

日々が過ぎて 年が過ぎて 大切な人達が過ぎて
急がなくちゃ 急がなくちゃ なんだか焦って つまずいて
もう駄目だ 動けねぇよ うずくまってても時は過ぎて 考えて 考えて
やっと僕は僕を肯定して
立ち上がって 走り出して その時見上げたいつもの空
あの頃とは違って見えたんだ あの日の未来を生きてるんだ
全てを無駄にしたくないよ 間違いなんて無かったよ
今の僕を支えてるのは あの日挫けてしまった僕だ

「ありがとう」とか「愛しています」とか 分からないけど歌っていたい
信じてくれたあなたは正しかったと 言い張る為に歌っていたい
それだけだ 僕の背中を押すのは あなたが喜んでくれる顔
あの時伸ばし続けたこの腕で 大きくギターかき鳴らして
あの時何も言えなかった口で 下手くそな歌を 叫んで
いつだって ここがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:終わりで始まり 歌手:amazarashi

amazarashiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-11-20
商品番号:AICL-2605
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP