哀恋歌

この曲の表示回数 14,050
歌手:

キム・ヨンジャ


作詞:

吉田旺


作曲:

岡千秋


酒がなみだを さそうのか
なみだが深酒 ねだるのか
ばかよばかよね あたしのみれん
追ってどうなる 男ではないと
知っていながらああ
…霧笛の酒場

夢を点しに 来た土他郷に
小突かれ つまずき 迷酔鳥(まよいどり)
つらい時には 戻ってこいの
母の笑顔が 妹の声が
いっそ死にたい ああ
…弱音を叱る

惚れたぶんだけ 怨んでも
あの男恋しと 乳房が泣く
乱れほつれ毛 手櫛でとけば
過ぎた昭和の 人恋演歌が
さむい肩抱く ああ
…霧笛の酒場
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哀恋歌 歌手:キム・ヨンジャ

キム・ヨンジャの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-01
商品番号:VPCA-84112
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP